DEAGO MILLENNIUM FALCON #91

こんにちは、おやじです

デアゴ ファルコンですが、作り始めは、デアゴから配布される部品だけで作る
つもりでしたがデフォルトで設定される仕様が結構ショボいところが多いんですね、

まあ撮影用モデルのレプリカを謳うのであれば、コクピットや船倉の照明などは
不要なんでしょうがリアルな外観に模型として見どころを追加した内装のモデルを
組み込み、一粒で二度おいしいというのがデアゴ商品のアピールポイントでもあるので、
ついつい欲が出てしまうのも仕方ないのかもしれません。

私も極力「デアゴ」のモデルとして作るつもりですが、多少はLED照明を追加したりしてます。

P1050662S.jpg
P1050664S.jpg
コリドーライトと呼ばれる照明、原形を一つ作成しレジンで複製(モデル全体で20~30灯程度)

P1050666S.jpg
IMG_20170526_175744Small.jpg
IMG_20170526_180350Small2.jpg


このテクニカルステーションに照明がないのは、ちょっと寂しいので光学繊維を
組み込みランダムな点滅させます。

世間的にはモデルが完成を迎えるタイミングなので、
かなり遅れている感じですが
まあ、別に遅れていても誰からも文句を言われたりしないので、気が楽です。

厳密には部品の形状や向きなどに間違いがあったりするようですが、別に私は気にしません
提供される部品を組むだけでファルコンのプロップレプリカができるんですから
文句言ってたらバチが当たるってもんです・・

それではまた。

スポンサーサイト

DEAGO MILLENNIUM FALCON

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします。

一度も紹介記事を書いていませんが、私もデアゴのファルコンを作ってます
微に入り細に入り、工程を紹介してる諸先輩のブログも多いので
ここではハイライト部分のみをサラッと紹介しようと思います。

昨年末に100号の配布が完了したデアゴのファルコンですが、
メガトロンの改造着手あたりからデアゴの組み立てをサボっていたため
現在遅ればせながら91号のマンディブルの塗装・組み立て当たりの工程をやってます。

P1050658S.jpg
P1050660Small.jpg
P1050646Small.jpg

P1050649S.jpg

主船倉にはかなり時間をかけてディテールを追加しました、別売の部品も相当数出回っていましたが
改造はできるだけ自前の改造部品で行いました(壁面ディテールや梁構造などは自作です)が
主船倉のフロアだけは自作不可能と判断し、shapewaysというメーカーの3Dプリンター部品を使ってしまいました。

P1050647Small.jpg
P1050650Small.jpg
P1050652Small.jpg
P1050654Small.jpg

組み立てと並行してデフォルトの電飾部品のテストも行っていきます。

P1050656Small.jpg
P1050657Small.jpg

プロップのみを唯一の正解とするモデリングにはあまり賛同できません
表面ディテールの流用元にも興味はないです。

重視されるべきはデザイナーが描いたオリジナルスケッチのイメージであって、
スタジオモデラーが流用部品を用いて作成したプロップはオリジナルイメージを
立体化するための回答例の一つに過ぎないと思うわけです。
(あくまでも私個人の意見ですが)

残り10号くらいですが完成までの工程を少しずつ紹介予定です

よろしければお付き合いください。







プロフィール

littlerobot

Author:littlerobot
ロボット好きの小学6年生です、工作が得意なお父さんと秘密の研究所をはじめました。

ブログ開始から2年経ち今中学2年生となりました。どうぞ宜しく

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター