FC2ブログ

Graflex 3cell

こんにちは、親父でございます。

製作中のライトセーバーのGraflex本体の画像が届きました。
Romans の Graflex 3cell TFAをベースにクランプカードを交換予定
クランプカードのメタルテープは1/2インチのクロームテープ パターンなしを選択
ESB ヒーローセーバー(ワンパケイヴバージョン)とします。

20180516_235104small.jpg

edge-connectors-940x705.jpg

20180516_235146small.jpg

基板側配線とシャシーの工作が進行中、クリスタルチェンバーができたら
発光パターンの動画を撮影してもらおうと思ってます

YODA GRAFLEXのYouTubeって結構多いんですが、発光パターンまで説明してる動画って見かけないんですよね
(単に英語が理解できてないって話もありますが・・)

それではまた・・




スポンサーサイト

YODA GRAFLEX TEXT紹介

こんにちは親父でございます。

YODA GRAFLEX作成中のSaberProduts様からTEXTを提供いただきました。

YODA GRAFLEXの実物を見たことがある人も、このTEXTを見たことがある人って
ほとんどないんじゃないでしょうか?
あれだけの完成度の高い製品をキット化する場合、どれだけ詳細で分かりやすい
説明書を作れるかがキモであると言えるでしょう。

このTEXTの完成度の高さは部品の精度より衝撃的です。

スライド1

スライド2

工程24 フォーカシングクリスタル ワイヤーラップ アッセンブリーとあります
このキットはクオーツの固定にドリルで穴をあける「ドリルド・エディション」
ではなく ワイヤーラップでクリスタルを固定するタイプのようです。

スライド3

また、使用する基板はCrystal Focs Saber Core v9になるもよう。

20180516_235216s

今現在最高スペックの基盤だそうです。楽しみなんですがすべての機能を使いこなすのは・・
たぶん無理ですね  ( ̄^ ̄)ゞ











YODA GRAFLEX クリスタル点灯!

こんばんは、おやじです。

製作進行中のYODA GRAFLEXですが、新たな画像が届きました。

クリスタルチャンバーにクリスタルを固定しLEDを点灯させた画像です

20180513_000124small.jpg

クリスタルの固定法はワイヤー巻き固定タイプとドリルで穿孔しブラケット2点
でホールドするタイプの2種ありますが、
どちらのタイプか画像からは判別できません(ちょっとワイヤーっぽいかな?)

プレゼンテーション1

半月型アクリルパーツを組み合わせてつくるパワーゲートは
木口の仕上げがちょっと粗くあまり透明度が高くありません。
ここは実物を見て自分で研磨加工を追加するかどうか判断しようと思います。

サウンドボードや基盤についても追って紹介する予定です。

それではまた・・

YODA GRAFLEX製作開始!

こんにちは、連休最終日で、すこし気分が落ち込んでるおやじです

カスタムライトセーバー依頼先のSaberProduts様から記事掲載の許可をいただきましたので
画像を交えて紹介させていただきます。
SaberProduts様は新ラクマでライトセーバーのカスタム&リペアサービスを提供されています。
https://item.fril.jp/3d6c725268e96eddddbbad89d7b2309e

憧れのYODA GRAFLEXの製作を依頼し部品構成を見るのも初めてです
想像したより部品数は少なめですね、

シャシーの構成パーツのようです

20180502_224210small.jpg

20180502_224217small.jpg

20180502_224236small.jpg

クリスタルチェンバーの隔壁と電装部品の一部

20180502_224312small.jpg

私にとって衝撃的だったのがコレ、クリスタルをこれから切り出し成型し、ドリルで穿孔しブラケットに固定という工程を
自己責任でやれ!ということらしいです・・

20180502_224354small.jpg

現在シャシーが少しずつ形になりつつあります。

20180502_224157small.jpg


これがテキスト、各工程をどの程度説明してるんでしょうね?中身は追って紹介したいと思います

20180502_224438small.jpg


SaberProduts様、頑張ってください!!








デアゴのファルコン再開

皆さん、連休をいかがお過ごしでしょうか?
親父は、スタックしていたデアゴのファルコンをようやく再開しました。

実はスタックしていたのは理由があって、搭乗ランプの動作チェックでランプの
開閉がスムーズに動かず、対策を迷っていたんです。
一度組み立てた部品をばらして組み立て直すのは覚悟が必要です
組み立てなおしてもうまく動く保証などないからです。

それでも過去の工程を39号までさかのぼり、スイッチオンで点灯、ランプが下降
オフでライトが消灯、ランプが上昇(この一連の動作が可能になりました)

20180502_163837small.jpg

20180502_163815small.jpg

この工程がクリアできたのでアッパーボディとロアーボディの接合ができるようになり先へ進めるようになりました

20180502_163555small.jpg

20180502_164328small.jpg

これでペイントに専念できるようになりました。




プロフィール

littlerobot

Author:littlerobot
ロボット好きの小学6年生です、工作が得意なお父さんと秘密の研究所をはじめました。

ブログ開始から2年経ち今中学2年生となりました。どうぞ宜しく

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター